ブラックカードは年収いくらあれば作れる?

クレジットカードには様々なランクがあります。最もランクの低い一般カードの「クラシックカード」、もう1ランク上の「ゴールドカード」、さらにその上のランクの「シルバーカード」(「プラチナカード」という呼び方もあります)、そして最上級のランクの「ブラックカード」です。名前の通り黒い色をしています。

 

最上級となると契約している方も極僅かなため、流れている情報もあまり多くありません。基本的に言えることは、ブラックカードを入手するにはある程度の高額な年収、資産があるということが条件です。
さらにクレジットカード会社に充分に信用されていることが大切になります。ブラックカードより1ランク下のシルバーカードを契約してたくさん使用しており、その上毎月の支払いを滞納することなくしっかりこなしている方なら問題ないと思われます。年収がいくら多くても、クレジットカードを少ししか利用していなかったり、支払いを何回か滞納したことのある方でしたら、当然ながら会社側としてはあまり信用できませんよね。
実際のところ、年収が五百万円弱でもブラックカードを所有している方もいれば、何千万円になってもなかなかブラックカードを所有したくてもできない方もいます。
ちなみにブラックカードの年会費は、五万円前後から四十万円弱まで幅広く、クレジットカード会社によって様々です。

 

クレジットカードのランクが高ければ高いほど社会的に上に見られることが多いですが、自分に合ったカードを上手に使用して金銭管理をしていくことがとても大切です。よく考えて契約をしましょう。