クレジットカードと電子マネーの違い

電子マネーというものをご存じでしょうか。「おさいふケータイ」「Suica(スイカ)」などに使用されています。あらかじめ現金で電子マネーをある程度購入しておき、切符代やちょっとした買い物の代金など、かざすだけで支払いを済ますことが出来ます。電子マネーとして使用するために入金が必要なのですが、その入金のことを「チャージ」と呼びます。使用するとその瞬間に減っていくので、自分が必要な分だけチャージし、使用して足りなくなってきたのならチャージすればまた使用できるようになります。
つまり先払いで自分が必要な分だけチャージ出来るので気付かないうちにどんどん使っていた、ということがありません。ここが電子マネーの特性といえるのではないでしょうか。

 

直接現金を支払う必要のないという点ではクレジットカードと同じですが、クレジットカードは電子マネーのように先払いのシステムはありません。自分の収入や資源を把握した上であらかじめ利用限度額を決めて利用し、毎月決められた日に利用した分だけクレジットカード会社に返済します。

 

もし自分で思っているよりもついついお金を使いすぎてしまっている傾向のある方やいまいち自己管理・金銭管理に自信が持てない方は、少な目の入金からできる電子マネーで鍛えてみるのも良いかもしれません。また、電子マネーとクレジットカードの両方を所持し、うまく使い分けている方もいるようです。どちらも便利な支払い方法なので、自分に合った利用方法を導き出してお金を計画的に使いましょう。