クレジットカードを沢山持ってると住宅ローンが通らないと聞くけど、相関関係は実際どうなの?

クレジットカードは、申し込みをして審査が通れば何枚でも持つことができます。一枚しか持っていない方もいれば、十数枚持っている強者までいます。もし一枚しか持っていなくて、そのクレジットカード会社に対応していないお店にきたときのために、と違うクレジットカード会社から複数契約して、一枚をメインカード、それ以外はサブカードとして利用している方も多いのではないでしょうか。
しかし、いくら上限枚数がないからといって無闇に契約するものではありません。今月、このカードは今のところいくら使ったっけ?他のカードは?と自分で把握しきれなくなってしまったら大変です。たくさん持ちすぎて一、二枚なくなっても気付かないという事態もあるかもしれません。

 

また、クレジットカードを多く持ちすぎていると在宅ローンが通りにくくなる場合があるのをご存じでしょうか?実はクレジットカードにはお金を借りることが出来るキャッシングという機能がついていて、使っていないとしても借金とみられることがあります。
一枚のカードにつき一つのキャッシング機能がつくのでたくさんのカードを持っている方はその分多くの借金があると判断され、借金が多いと在宅ローンや教育ローンが通らなくなってしまいます。キャッシング機能なんて使っていないのに理不尽だ!と思うかもしれませんが、残念ながら受け入れるしかありません。
将来在宅ローンを組みたいと考えている方は、今のうちにカードの整理をしておいたほうが良いでしょう。