クレジットカードを作る時の本人確認電話は必要?

クレジットカードの申し込みをした際に、必ず申し込んだクレジットカードのランクに合わせた審査を通過しなくてはいけません。通称「3C」と呼ばれる契約者の性格(キャラクター)・資産(キャピタル)・収入(キャパシティ)のほかにも審査項目はいくつか存在します。

 

その中のひとつに、「本人確認(在籍確認)」というものがあります。これは、
・クレジットカードの申し込みをした人物が本当に存在するのか?
・名前や住所、勤務先は正しく表記してあるのか?
・本人と連絡が取れるのか?
などの契約者を確認するというものです。

 

確認の方法は表記してある勤務先に直接電話がかかってくる場合が多いです。そこできちんと表記してある勤務先に繋がり、その会社で働いているということがわかれば、表記に偽りや間違いがないか確かめることが出来ますね。
そして直接申し込みをしたクレジットカード会社の方と話すことになるのですが、その時名前や住所や電話番号、生年月日などの個人情報の確認をします。しっかり本人だという確認が取れれば、本人確認の項目は満たされることになります。
しかし、勤務先に電話がかかってきたときに、あまりにも大規模な職場だった場合、電話を受け取って応対をした人が契約者のことをはっきり把握していない可能性もあります。そのような恐れのあるときは、クレジットカード会社から電話があるかもしれないということをあらかじめ伝えておくことが思わぬトラブルの予防策となります。万全な体制で臨むようにしましょう。