クレジットカードを申込んで断られるのは何が原因?

新社会人になって、無事会社に就職して自分で働いて稼ぐようになり、念願のクレジットカードを…と思ってクレジットカード会社に新規の契約を申し込んだら断られてしまった!
仕事も安定して貰える給料も増えて、そろそろ今持っているものよりもう1ランク上ののクレジットカードを、とクレジットカード会社に連絡をしたら審査に落ちて断られてしまった!

 

今現在クレジットカードを所有している方の中にも、もしかしたらこんな経験がある方がいるのではないでしょうか?クレジットカードにはランクごとに決められた審査基準があって、それに満たないとみなされると申請を断られてしまうのです。

 

では、申請を断られる原因とは何なのでしょうか?
だいたいの場合は、審査で重要な「キャピタル」「キャラクター」「キャパシティ」、通称「3C」と呼ばれるものに不十分があった場合と考えられます。例えば、申請書に記入してある文字が雑だったり記入間違い・誤字脱字が絶えなかったりしたら、その人の性格、つまりキャラクターの部分の評価に大きく関わるのです。
またクレジットカードのランクに見合った収入や貯蓄はキャパシティとキャピタルの評価に関わり、これが申し込んだランクにふさわしくないと判断されてしまったとき審査は通りません。これが原因でクレジットカードの審査が通らない場合が多いようです。

 

では最後に「3C」に問題がないのに審査が通らない場合は何が原因なのでしょうか?
それは、借金がある、もしくは過去にクレジットカード利用で支払いの遅延がある、ということが考えられます。契約を結ぶクレジットカード会社側としては過去に金銭問題がある人と簡単に契約をしてしまうわけにもいきません。

 

スムーズに審査を通過するためにも「3C」の徹底と金銭管理をしっかりしていきたいですね。