クレジットカードを持てる枚数の上限は何枚まで?

たった一枚で何百円から何十万円までもの買い物の支払いを済ますことができるクレジットカードですが、使用用途によってクレジットカードを使い分けている方もいるのではないでしょうか。
これは一例ですが、普段の買い物で使う用としてのメインカードと、メインカードのクレジットカード会社が対応していないお店での支払い時にクレジットカードを使いたい場合のためのサブカードとの二枚を契約していれば現金をあまり持っていないときの買い物は申し分なく済ますことが出来ますよね。また、海外での出張が多いビジネスマンの方の中には、国内で使う用のクレジットカードと海外で使う用のクレジットカードの二枚もち、という方も少なくありません。

 

実は、所有するクレジットカードの上限枚数はありません。新規での契約が通ればいくらでもクレジットカードを所有することができるのです。十枚以上所有している方もいます。
しかし、いくら何枚でも作れるからといってたくさん作りすぎて自分で管理が追いつかなくなってしまってはいけません。ちなみに、同じクレジットカード会社で利用限度額の違う複数のカードを持っている場合は、持っているカードの中で一番高額の利用限度額が契約者の利用限度額になります。そして、違うクレジットカード会社で複数のカードを所有している場合はそれぞれのカードの利用限度額を足したもの、ということになります。
自分の利用限度額は何円で、今月はメインカードから何円、サブカードから何円使っているから残りは…、と常に把握していなければ、後々の借金や破産に繋がりかねません。気付けばメインカード以外のカードで無意識のうちにたくさん買い物をしていた、なんてことが起こったらとても危険なのです。自分の管理できる範囲で上手にクレジットカードを使っていきましょう。