ネット通販やネットショッピングでのクレジットの使い方

インターネットでの通信販売の代金の支払いをクレジットカードで済ませられることを知っていましたか?一般的にクレジット決済と呼ばれている支払い方法です。
このクレジット決済は、他の支払い方法と比べると何が違うのでしょうか。他の支払い方法には「代金引換」「コンビニ決済」などがあります。これら二つの方法とクレジット決済を比べてみましょう。

 

まず、代金引換は名前の通り指定した発送先に荷物が届いたときに送料・手数料を含んだ代金を払い、荷物を受けとるシステムになっています。つまり荷物が届いたときに現金を用意している必要があります。さらに、代金引換手数料が発生してしまいます。
コンビニ決済は、先に送料を含んだ代金をコンビニエンスストアで支払い、それが確認されると指定した発送先に荷物が届きます。この際、代金はすでに払っているので何も準備しなくて良いのです。

 

クレジット決済は発送先を入力するのと同じタイミングで送料を含んだ代金の支払いを済ませてしまうことができます。このときの代金は翌月の請求のときに返済すれば問題ありません。即時決済という形になるので、すぐ荷物の発送手続きが行われ、他の二つの決済方法と比べると早く荷物が届くこと
が多いです。
クレジット決済に必要な情報は「カード番号」「有効期限」「名前」の三項目だけです。クレジット決済のこれらを入力するページには犯罪対策のための暗号化が施されているので、これで個人情報の流出を防ぐことができます。とても便利な支払い方法なので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。