クレジットカードのランクと種類

たった一枚でちょっとした買い物から高額な買い物まで出来るクレジットカード。社会人の方ならほとんどの方が持っているのではないでしょうか。大量の現金を持つのはとても危険ですので、クレジットカード一枚で済ませることが出来ると非常に便利ですね。盗難または紛失した場合でもクレジットカードならクレジットカード会社がサポートをしてくれるので安心です。海外旅行先での買い物の支払いや国内での通信販売の支払いもスムーズにこなすことが出来ます。

 

さて、そんな便利なクレジットカードがランク分けされているのはご存知でしょうか?それぞれのランクごとにクリアしていなければいけない条件があり、ランクが上がるごとにその条件は厳しいものになっていきます。種類は全部で四種類です。

 

クラシックカード(一般カード)

いわゆる一番ランクの低い一般的なクレジットカードです。審査は大して厳しくなくある程度の労働期間や収入があれば問題ないと言われています。

 

ゴールドカード

クラシックカードの次のランクのカードです。名前の通り金色になっています。クラッシクカードより年会費は多くかかりますがその分サービスが豊富になります。

 

シルバーカード

ゴールドカードの次のランクのカードです。一見ゴールドカードの前のランクに感じられることもあると思いますが、ゴールドカードよりも審査が厳しくサービスがほより豊富なカードです。こちらも名前の通り銀色になっています。世界中の一流店の割引や、海外旅行での対応(支払い時のトラブルや宿泊先のアップグレードなど)の利用が可能になります。

 

ブラックカード

初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。クレジットカードの中で最も高いランクのカードです。なんと、利用限度額が定められてないのだとか。噂によると自分から申請をするのではなく年収が一定額を超えるとクレジットカード会社から招待状が送られてくるそうです。

 

自分の年収に合わせたカードによってさまざまなサポートが受けられる便利なクレジットカード。まだ持っていない方はこの機会にいかがでしょうか。