クレジットカード覚えのない請求があった場合の対処法

クレジットカードが普及していくのにつれてセキュリティ面は日々向上していますが、それでも犯罪は止まることを知りません。行ってもない外国で自分のクレジットカードが利用されていたり、暗証番号やカード番号や有効期限、名前などの情報が知らないうちに流出していたり…。気付くと身に覚えのない額の請求が届き、自分の口座から信じられないほどたくさんのお金がなくなっていた、なんてこともあり得なくはありません。

 

では、身に覚えのない請求が届いた場合、どう対処すれば良いのでしょうか?身に覚えがないからといってカード犯罪だ!とすぐに決めつけてはいけません。
買い物したとあるお店からの請求が本来の期日より遅れることも珍しくありませんし、利用したお店の名前ではなくその親会社の名前で請求がくることもあります。一度確認してみると良いでしょう。

 

それでも解決しない場合は、犯罪の被害に遭っている場合が考えられます。まず、クレジットカードに関する怪しげなメールが届いたことはありませんか?リンク先にアクセスした際にカード番号などの情報を入力した覚えがある方はフィッシング詐欺の可能性が高いです。他にも、クレジットカードの磁気情報を読み出しコピーして利用できるようにしてしまう、スキミングという手口もあります。これは気付かないうちに不正に利用されていることが多いです。

 

明細書を見て、覚えのない請求が来ていたら一度クレジットカード会社に連絡をするべきです。勘違いだった場合なら良いですが、もし犯罪の被害に遭っていた場合は早めに連絡しないと手遅れになってしまうかもしれません。