クレジットカードのサイン記入には何の意味がある?

クレジットカードで何らかの支払いをする際、サインや暗証番号の入力を求められたことが何度かあると思います。暗証番号を入力するのはクレジットカードを使用するとき以外、例えば銀行のキャッシュカードを現金自動預け払い機(ATM)で使用するときにも暗証番号の入力は欠かせません。

 

では、なぜクレジットカードで支払いをした場合サインをしなければならないのでしょうか?

 

サインは暗証番号と違ってその人個人の証明の役割があります。暗証番号の場合は、番号を知っている人なら誰でもカードを使用できますが、サインは残念ながらそうはいきませんよね。サインするときの文字を知っていたとしても、本人の筆跡を完璧に真似することができるひとは、そういないでしょう。

 

それはつまりカードを落としたり盗まれたりしたときの他人による悪用防止につながります。「このクレジットカードは間違いなく私の契約したものであり、この金額を支払いました」ということを証明するためのサインなのです。

 

なので、サインの形式は幅広いです。漢字でもひらがなでもカタカナでもアルファベットでも、構わないのです。ただ、サインの際には毎回同じサインを求められるので、気分で変えてしまったら何の証明にもならないので注意しましょう。また、フルネームでなければならない、などという決まりはなく名前だけでもあだ名でもイニシャルでも問題はありません。しかし、書きやすいからといってあまりにシンプルなサインにしすぎると、その分悪用される可能性が大きくなってしまいます。

 

自分の資産を守る為にも、自分だけのサインを使いましょう。