クレジットカード引き落とし日に口座残高が不足した時の対処法

快適にクレジットカードを利用するには、契約したクレジットカード会社に信用されるようにたくさんクレジットカードを利用したり、支払いの延滞もなくしっかり返済したりすることが大切です。信用があれば今利用しているクレジットカードのもう1ランク上のクレジットカードを申請するときに審査に通りやすくなります。

 

しかし、個人的な仕事の都合や私生活の都合で引き落とし日にお金を用意できない、ということがあるかもしれません。親しい友人や家族に借りても、どうしても請求額の分のお金が用意できない場合、どう対処すれば良いのでしょうか。

 

引き落としの日に用意できなかった場合、クレジットカード会社が再引き落とし日を設けてくれ、その日付が書いてあるはがきが届く場合か、契約者から請求額を指定された口座に振り込むための振り込み用紙が届くかのどちらかの場合が多いです。この段階で支払いを済ませることが出来ればまず大丈夫です。

 

それでも支払いが済んでいない場合、再度クレジットカード会社から連絡があります。今度は直接電話がかかってくることが多いです。
この段階で支払いを済ませることが出来れば良いのですが、それでも間に合わない、という場合はいったいどうしたらいいのでしょうか。

 

その時は、まずクレジットカード会社にこちらから連絡をし、事情を伝え、「○日まで待っていただけませんか」と頼み込むしかありません。ただし、連絡すれば良いというわけではありませんので、厳しい対応をされてしまうこともやむをえません。
支払いが遅れてしまうと今後の信用に大きく関わってしまうので充分気を付けましょう。