クレジットカードの審査によく使われる「属性」って何ですか?

クレジットカードを申し込むと、申し込んだランクにふさわしいかどうかの審査をされ、無事審査を通過することが出来ればクレジットカードが発行されます。そのとき、よく「属性が高い」や「属性が低い」などという言葉を耳にしたことはありませんか?実は、クレジットカードの審査において属性の高さはとても大事なのです。

 

さて、そんな審査の中でよく使われる「属性」という言葉をご存じでしょうか?属性というのは、ある事やある物に属する性質や特徴のことを指しています。クレジットカードの審査の場合での属性とは、審査を申し込んだ契約者の審査項目を総合的に見た評価の高低のことを指します。評価の高さと属性の高さは比例しており、評価が高ければ属性が高いとみなされ、逆に評価が低いと属性が低いとみなされてしまいます。属性が高ければ高いほど、審査に通りやすくなります。

 

では属性を高くするにはどうすれば良いのでしょうか?審査項目は年齢、性格、勤務先、勤務年数、雇用形態、年収、資産など、たくさんの項目があります。それらの項目ごとの評価をより高いものにしていけば、それに従って属性は高くなっていきます。申し込んだクレジットカードのランクに極端に手が届かないようなことがない限り、審査は通りますので、自分の属性に見合ったランクに申し込むのが良いでしょう。また、いくら属性が高くても過去に支払いの延滞があった場合は審査に落ちてしまうこともあるので充分気をつけましょう。